出題趣旨が発表されたわけで。個人的には採点実感の方が受験生のリアルが書かれていて好きだけどね。所詮は委員会側の求める答案が出題趣旨なのだから、そのとおりに書けるはずはない。

さて、今年の憲法について。まず、何を書くことが求められていたのか、すなわち、どこに配点があったのか。

1.虚偽の表現の保障の有無について→”の議論も有り得る”
 「保障なしor程度が低いor虚偽表現も有益」
つまり、検討すればもちろん配点はあるが、メイン論点ではないということか。格別に厚く書く必要はなかったのかもしれない。

2.措置①の不明確or過渡広範の検討→”が求められる”

つまり、メイン論点であり、厚く書くことが求められていたといえ、配点も大きい。具体的には、
(1)目的の認定
(2)本件の混乱の事例への評価
(3)対抗言論や報道による検証の優先性
(4)他の手段の可能性
(5)真実性の判断が難しいことの”留意”
(6)恣意的な訴追を含めた政府による全決定への”懸念”

が記載されている。(1)(2)(4)あたりはみんな拾ってくるはずだから、ここで守りたかったところ。(3)はむずいな。(5)(6)にたどり着ければ、良好または優秀くらいのもんだろう。俺は(5)にはやや触れたような感じがするな。

3.措置②について

(1)事業者の自由であるとともに、発信者の自由の制約であることの分析→”が求められる”

ちゃんと書き分けなきゃダメだった。言い換えれば、両方に配点があったということになる。

(2)SNSの拡散性が、規制の正当化になるか→”論じられる必要もある”

SNSはすぐ拡散されちゃうやん!ということには触れないといけないし、配点がある。ツイッター等を想起して、書けたかどうか。俺の再現答案では、行手法んとこで触れてるね。

(3)SNS事業者が私的検閲の主体となることを論じること→”も不可能ではない”

必須ではないが、そういう書き方もある。いわゆる加点要素というものか。なきゃないでいい。

(4)明確性の有無→”が問題になるかもしれない”

→”その場合、合憲限定解釈の可能性…も有り得る”

ここも、そういう筋もあるよ、という指摘。加点要素か。

(5)内容中立規制とする見解→”があるかもしれない”

但し、簡単に内容中立規制だ!と認定することはよろしくなかった模様。あるかもしれないという表現から、ここも必須ではなく、筋の1つとして示されているにすぎないのだろう。

(6)検閲や事前抑制の問題との関係→”として論じることも可能””

上記(5)に同じく、1つの筋を表したもの。点数にはつながるが、書いてないことがイコール不合格ということではない。但し、一旦発表されていることへの”留意”が必要であるから、簡単に認定してはいけない。

(7)(判例名こそ明示していないが)グーグル事件の事例→”も参考になり得よう”

これも筋のひとつ。以下、同文。

(8)行手法との関係(下記ア・イ)→”をどう評価するか問題となり得る”
ア 措置②が司法手続ではなく、行政手続であること
イ 行手法の適用除外

なり得るという表現からすると、ここも実は必須ではなかったのかもしれない。が、その表現からすると、上記(3)〜(7)よりかはやや触れてほしいというメッセージにも受け取れる。

(9)より制限的でない他の手段の検討→”が必要となる”
この書きぶりから見ると、中間審査ないしは厳格審査基準にもっていってほしかったということなのだろうか。俺は、22条でいったがゆえに、緩やかな審査にしてしまったが。いずれにせよ、他の手段としていくつか例示もされていることからみると、ここも要検討事項であったのだろう。

以上について、”自らの示した判断枠組みで”書かなければならない。

さて、これを少しまとめてみよう。書く”必要がある””求められる”とされたのは、
A 措置①の明確性or過渡広範性
B 措置②が事業者の自由であるとともに、発信者の自由の制約であることの分析
C SNSの拡散性

このあたりだろうか。そして、措置①のAについては拾うべき事実がある程度示されており、ここを基本問題と意識して出題したのではなかろうか。

一方、措置②は、複数の筋が記載されており、これといった正解はないような感じ。なんなら「事業者の自由」とごまかしており、ワンチャン22条構成でも点つくんじゃねーかと期待するほど。まあ、成績表返ってくればわかるが。措置②を応用的な問題として出題しているのではないだろうか。そうすると、難しいのが採点方法。どうやって採点したんだろう。考えられるとすれば、やっぱり論理的かどうか、適切な論証か、憲法的な評価としてどうか、説得的かどうかここら辺をある程度抽象化して採点するくらいしかやりようがないように思える。

さて、これからの憲法学習はどうあるべきなのか。

はい、わかりません。俺もできないもん、憲法。

しいていうなら、憲法はやりすぎないことをおすすめする。あ、短答分はやるべきだけどさ。コスパが悪いよ、憲法は。司法試験の合格は憲法で決まるわけじゃないし。最低限の形式さえ保てれば、俺の過去2回の経験によればDはくる。これなら他の科目でいくらでもなんとかなるからね。Aとりたい奴は知らん。

あとは、合格した受験生の言ってことであっても、憲法はそう簡単に信頼しない方がいい。書き方は信頼してもいいのかもしれないが、中身は合格者だってわかってないよ。憲法オタクとかなら知らんが、どうせ現場でそんなの書けないしな。だから、ゼミとかやるのも手だけど、こと憲法に関しては、一受験生や合格者の言うことは鵜呑みにしたらあかんと思うなあ。ちゃんと憲法の教授に見てもらうべきよ。俺はめんどくさかったし、Dでいいやと思ってたからやらなかったが。だから、上でゴタゴタ書いた俺のもあんま信用したらダメよ。

あ、昨日(9/17)電気ついた!8日ぶりの電気。電気なしマジできつかったわ。でもなんだろ、ちょっと強くなれた気がするぞ。ランタンの灯りの中でレトルトカレーのパウチにつけて食べたうどんの味も、自衛隊が用意してくれたお風呂の温かさも俺は一生忘れん。合格の喜びはもう忘れた。合格すると空が青く見えるって書いてあったから見たけどただ暑かっただけだったぞ、嘘つきめ。虚偽表現で訴えてやるーーーーーーーーーーーー!!!!